FC2ブログ

記事一覧

以前、文体診断ロゴーンで

芥川龍之介や川端康成、中島敦さんに文体が似ていると出ましたが、色々な文章を手当たり次第に模写したら、似ているはずの数値が低くなるようになってしまいました。あるブロガーは、芥川龍之介に80以上の近似値が出たと書いてありましたが、芥川龍之介全集ちくま版を全て模写しても、その近似値は出せない気がします。手本は3人にして、いいとこ取りをすれば、オリジナルの文章が書けるようになるとは、ライトノベル作法研究所で...

続きを読む

谷崎潤一郎氏と音読

僕は谷崎潤一郎氏の只管音読を実践し、講釈や解釈をするよりもひたすら音読を心掛けました。が、どうしても書き写したい文章があり、今は芥川龍之介や川端康成を模写しています。気分は芥川龍之介作品の戯作三昧、ですが、何分にも味わいが純文学ですから、造形美を味わえます。...

続きを読む

つづく 唯美派

ただ美がある。これが、耽美派の文章です。谷崎潤一郎氏は、個性を発揮なされていますが、彼の文章を模写していますと、学歴コンプレックスが吹き飛ぶ気がします。何も谷崎潤一郎氏が東大に進学した理由は、知識を増やす為や、学友を得るためではないと思います。ただ、文学に専念したいから、暇を持て余したいから、案外、文学の素地は大学に入る前に人は決めているらしい風です。...

続きを読む

本来、文章修行すべきが 学歴に

言葉や文章にコンプレックスがあり、乱読をすれば、茨城弁から抜け出せるかと思いきや、太宰治にハマり、絶望という浮世にあい、どうしようもなくなり、ならばと、川端康成と芥川龍之介の模写をしたら快復傾向にあります。もちろん、世界観、文学観がであり、文章力ではありませんが、ただ、ただ書き写す作業。只管筆写。この冥利は、あれこれ解釈、講釈するのではなく、ただひたすら模写するだけです。純文学とはアカデミックな文...

続きを読む

政治家に他党批判があり

他者を悪くいえば、自分を正義とする政治家に疑問符を投げかける。苦果よりも、次の策を練るべきではないか。小池都知事が、石原元都知事を批判するのは、目に見えて、女の急所を突いた祟りだし、容姿やコンプレックスをいわれれば、誰だって腹が立つ。当たり前田のクラッカー。以前いじめられっ子が、いじめ返す事に等しい顛末です。何かが、違う。マスメディアこそ多数のウィークポイントを探っている訳ですが、国家100年の計の...

続きを読む