FC2ブログ

記事一覧

赤川次郎さんを筆授相承、模写

中学時代に、赤川次郎さんの作品にはまり、小説家を目指し、
高卒後の浪人時代に、山岡荘八、吉川英治さん、芥川龍之介など、中間小説、大衆文学、純文学を嗜好するようになったのですが、
後者はカッコだけで、まったく頭に入りませんでした。
いまラノベに行こうか迷っていますが、
原点の赤川次郎さんに返り咲きした次第であります。
これは、集英社のオレンジ文庫のライト文芸論に
触発された結果です。
結局、重厚な感じの純文学を辛うじて読んでも、
模写した矢先から、
頭に入らないのでは、
微分積分を模写しているのと同じです。
工業高等学校時代に、不勉強な僕には、
微分積分も純文学も頭に入って来ないのです。
スポンサーサイト