FC2ブログ

記事一覧

学閥、学派の話題よりも大切な年金の話

市議会議員に地頭の良い諭吉さんの直系のハンサム慶應ボーイが
います。
明らかなれば誠なり。誠なれば明らかなりを
地で行く慶應ボーイです。
彼は学歴の優良性を示しています。
この場合に、彼に憧れを募らせる浪人生は
多浪をくり返しても、
学歴崇拝をやめないでしょうから、
年金を支払うお金が回らなくなるはずです。
場合によっては、年金制度のからくりさえ知らずに
もらえる額、支払う額も減るかもしれません。
実にもったいない人生です。
慶應ボーイに市議会議員は、もったい。
もっと上を狙えるはずとの声が、本人に届くは
分かりません。
市長、県議会議員までは狙えるでしょう。
現早稲田卒市長を脅かす存在感も出て来ました。
しかし、敵に味方あり。味方に敵あり。
市長は腰を屈して、県議会議員を狙えよ、慶應ボーイ、って
言える立場です。
県議会議員までのぼれば、派閥抗争とてありましょう。
経験不足者には、相談相手が要ります。
実に漁夫の利を得た日大卒県議会議員。
千手観音の祈りは通じたのです。
やはり、群集心理を活かした戦略に、市長を交代するのか。
それとも、ピンチはチャンスだと県議会議員選挙に矛先を移すのか。
南無観世音菩薩、南無観世音菩薩、南無観世音菩薩。
慶應ボーイがいると、話がまとまるから不思議です。
彼は論理性が一貫していますから、味方に敵ありは少ないはずです。
ぼくは日大卒県議会議員の学派、工業高卒ですが、
市議会が熱い街にいます。
スポンサーサイト